fc2ブログ

Wordで画像編集・Wordでデジスクラップ(10/27)

■ Wordで画像編集(グリッド線・アンカー記号)

■ Wordでデジスクラップ(デジスクラップ・素材のダウンロ―ド・写真イラストの挿入)
  を本日学習しました。(2-2)次に載せます。

◇グリッド線を表示させる
 グリッド線を表示することで、図形やワードアートなどを、線に沿って配置できます。

 「図ツール・書式」⇒「配置」⇒「グリッドの設定」をクリック
 「グリッドとガイド」⇒「グリッドの表示」⇒「グリッド線を表示する」にチェック⇒
  「文字グリッド線を表示する間隔」に「2」⇒「行グリッド線を表示する間隔」に「2」
  を指定する。

2編集   編集3
1編集

◇ アンカー記号
  文章に挿入された画像や、テキストボックスを選択すると、左余白に「イカリのマーク」
  が表示されます。
  このイカリのマークのことを「アンカー」と呼びます。

 このアンカーは、挿入したテキストボックスが、どの段落に結合されているかを
 教えてくれるものです。
編集4
 ◉ 上記の画像は、一段目の段落に結合されています。
 ◉ 「こんにちは」の段落を削除すると、画像も一緒に削除されます。
 ◉ 「こんにちは」の前にカーソルを置き、「Enter」キーで改行すると
   文字と一緒に画像も下へ移動します。

 ◉ アンカー記号がついていない、下の段落を「Enter」キーで改行
   しても、画像は移動しません。
 ◉ また、画像を下へ移動させると、アンカー記号も、
   別の段落に移動します。

 ◉ また、アンカーをドラッグして、別の段落につけることもできます。
 ◉ 文書に複数の画像が挿入されている場合は、画像それぞれに
  アンカーが設定されています。

スポンサーサイト



Wordで画像編集 画像編集の基本と応用 (10/20)

本日の講義は、Wordで出来る画像編集を学習しました。 (NO2-2)
続きです。

  ⑤ 「図の変更」 
    サイズやスタイルなどを設定した後に、画像だけを別なものに変えたいとき。
    「参照」をクリックして、変更したい画像を選択して、挿入する。

写真ブログ200
写真ブログ21 写真ブログ22

  ⑥ 「図のリセット」 
     画像の編集やスタイルを設定した後、元の画像に戻したいとき。

写真ブログ23
 
 ■ 図のスタイル
   画像に影を付けて立体に見せたり、額縁のようなフレームや、ぼかしを設定できます。
   「図のスタイル」グループ

写真ブログ大きさ7

 ■ 画像の重なりを変更する
   「配置」グループ⇒「前面へ移動」 「最前面へ移動」
   または「背面へ移動」 「最背面へ移動」

   ③ を ②の後ろに配置したい場合は、③ を選択して、「最背面へ移動」をクリックする。

写真ブログ大きさ8

 ■ 画像の一部をトリミングする

    必要な部分だけを切り取りたい。
    「サイズ」グループ⇒「トリミング」

    上下左右のハンドルにマウスを合わせた形状が T や ト になったところで、
     ドラッグします。
    最後に再び 「トリミング」 をクリックすると、切り抜かれます。

写真ブログトリミング9 写真ブルグトリミング10
 
写真ブルグトリミング11 写真ブルグトリミング12

  ■ 図形に合わせてトリミングする

     図形の形にトリミングしたいとき。
     「トリミング」 ⇒ 「図形に合わせてトリミング」

     ※ (写真・横長でハートを選んだら、横長のハートになる)
        (写真・縦長でハートを選んだら、90度右向き縦長のハートになる)
13写真ブログトリミング

次回 (10/27) 学習は続きます。

Wordで画像編集 画像編集の基本と応用 (10/20)

本日の講義は、Wordで出来る画像編集を学習しました。(NO2-1)

◆ 背景の削除、合成する。
◆ 明るさ・コントラストを変える、彩度・トーン・色を変える。
   ある色を透明に指定する、アートを加える。
◆ 額縁、ぼかしなど図の効果を加える。
◆ トリミングする、回転させる。その他。

 ■ 画像を挿入する
   挿入する位置をクリックして、カーソルを置く。
   「挿入」タブ⇒「図」グループ⇒「画像」⇒「画像の挿入」ウィンドウで画像を選択して、
   「挿入」ボタンをクリックする。
   画像がカーソルの位置にされ、「図ツール」の「書式」タブが表示される。

写真ぶろぐ1

 ■ 「文字の折り返し」を設定する
   挿入された画像は、「行内」に挿入された状態になっている。
   このままでは、画像は自由な位置に配置できない。
   「図の周りに、文字をどの位置にしたいのか」などの「図と文字との関係」を
   設定するのが、文字の折り返しです。

   画像を挿入した後、すぐに文字列の折り返しを設定しよう。
   「図ツール」⇒「書式」タブ⇒「配置」グループ⇒「文字列の折り返し」⇒
   「前面」をクリックする。 基本は「前面」で設定する。

写真ぶろぐ2

 ■ 文字の折り返しの種類
  「行内」・「四角」・「外周」・「上下」・
  「背面」                「前面」
写真ブログ3背 3前写真ブルグ

 ■ 画像の大きさを変更する
   画像の大きさの変更は、右下角のハンドルに、マウスポインタを合わせ、ドラッグする。
44写真ブログ大きさ 写真ブログ大きさ5

 ■ 画像を回転する
   回転は、画像の上に付いたハンドルを、傾けたい方向へ、ドラッグする。
6写真ブログ大きさ

 ■ 画像の編集  
   画を編集するには、編集をしたい画像を選択すると
   表示される「図ツール」の「書式」タブを利用する。
   調整・図のスタイル・配置・サイズ」のグループに分かれている。

写真ブログ15

 ■ 画像の調整
   明るさ・コントラストを変える。 彩度・トーン・色を変える。 
   ある色を透明に指定する。 アート効果を加える。


 ① 「調整」
    暗く・明るく撮れた画像や、ぼけた画像を調整したいとき。
   「調整」⇒「シャープネス・明るさ/コントラストなどがある。

写真ブログ18

 ② 「色」 
     モノクロやセピアなど色の彩度を変更したり、イラストの背景を透明にしたいとき。
     「色」⇒「色の彩度・色のトーン・色の変更・透明色を指定」などがある。

写真ブログ17

 ③ 「アート効果」
    スケッチや絵画のように、見せることができます。

写真ブログ16

 ④ 「図の圧縮」 
   挿入した画像のデータ容量を小さくして、文書全体の容量を小さくします。
   挿入された時点で画像は、「印刷用(220ppi)」に設定されます。

   ニュースレター作成などで、写真を多く挿入した場合、文書のデータ容量が大きくなり
   メールで送ることができない時に、圧縮してデータを小さくすることができます。

写真ブログ19

(続きます。御覧ください)

第6回スポーツ交流大会 (10/12)

〔楽しく・元気なシニア〕をテーマに、本日「エディオンアリーナ大阪」にて 開催されました。

P1000944 - コピー

9:15受付開始・10:00開会式・理事長の挨拶があり、
全員で「ラジオ体操」をしました。

P1000935あ P1000939い

各競技項目は、曜日対抗で行われました。
我がクラスは、「フープディスゲッター」に参加。

P1000944う P1000948お P1000949か

P1000951き P1000956け P1000957こ

11:30からは、「にしき連」の指導による「阿波踊り」・「河内音頭」が行われ、
 大勢の参加者が楽しんでおられました。

P1000961さ P1000964し

昼からは、ジャンケン大会・玉入れ大会が行われました。

P1000977せ P1000980た

競技終了後、成績発表・表彰式が行われ、大会は終了しました。

参加者の皆さん、お疲れさんでした







画像データの基礎知識 (2) (10/6) NO2-2

 本日の講義の続きです。

※ デジカメ画像とメモリの容量と画素数の関係
 
 ◆ 撮影できる枚数
画像形式3

 ◆ 画素数と解像度
   ① ピクセルって?・・・デジタルでは画像をモザイク画のように、
      色の付いた点の集まりとして処理します。
      この点を、「ピクセル」といいます。

   ② 画素数とイメージ解像度は、どちらも写真のピクセル数を表すものです。
     前者は、100万画素というように、総ピクセル数で表し、
     後者は、680*480(記録サイズ)のように、縦横それぞれに使われている
     ピクセル数を表します。   

 ◆ 用紙サイズ・dpi・ピクセル
画像形式4

 ◆ 画像ファイル形式
画像形式1

 ◆ 拡張子
   ① ファイル名の後ろについている 3文字の英数字のことです。

     Windowsの初期の設定では、拡張子を表示しないように設定さてれいます。
     拡張子によって、どんな種類のファイルなのか、どのアプリケーションソフトで
     作ったのか解るようになっています。

    ② 「エクスプローラ」⇒「表示」タブ⇒「表示/非表示」グループ⇒
       ファイル名拡張子」にチェック。

 ◆ レタッチソフト
            ◆ レタッチソフト・・・画像加工ソフト
    ■ ペイント(Windows)、フォトアプリ
    ■ フォトギャラリ―(Microsoft Windows Essentials2012)
    ■ Adobe Photoshop Elements、Adobe Photoshop
    ■ Paint Shop Pro
    ■ Jtim/GIMP2/Photoscape(フリーソフト)


 ◆ 印刷
   ①印刷する写真を右クリックして、「印刷」をクリックする。
   ②「画像の印刷」画面で、「用紙サイズ」「品質」「レイアウト」などを
     設定して、「印刷」をクリックする。

   ③ 設定できる項目(プリンターのドラバーによる)
     プリンター:プリンターの機種を選択
     用紙サイズ:用紙のサイズを選択
     品質   :印刷時の品質
     レイアウトの選択:写真サイズ(Ⅼ)、はがきサイズ、定期券サイズ、
              コンタクトシートサイズ。
     用紙サイズで選択したサイズによってできるレイアウトが違う。
    

     各画像の部数:印刷する部数を設定。
     写真をフレームに合わせる:指定した用紙サイズの、縦横比で印刷できるように
     自動的に調整。
     枠の外側は印刷されない。

● 分からない時は、テキストも見てくださいね!

画像データの基礎知識 (2) (10/6) NO2-1

本日の講義は、前回の続きです。
内容が多いで、2回に分けてブログしました。

◆ 写真をフォルダに整理しよう
   DCIMフォルダを開き、表示を詳細にして、デスクトップ画面の左半分に表示させる。
   「DCIM」フォルダとは別に、「新規フォルダ」をデスクトップに作成する。

   (デスクトップまたはピクチャのなにもないところで、           
    右クリック⇒メニューから「新規作成」⇒「フォルダ」⇒フォルダ名を付ける。

   例えば写真のフォルダ名「160815大阪」など
   このフォルダを開き、デスクトップの右半分に表示させておく。

◆ 画像データを選択する
 ① 左に開いた「DCIM」フォルダにある同じ日付の画像を選択する。
   ファイルが隣り合わせている場合、
   フォルダにコピーしたいファイルの最初のファイルをクリックする。

  
   「Shift」キーを押しながら、最後のファイルをクリック。
   選択したファイルが青く反転する。

   選択するファイルが飛び飛びの場合、
   フォルダにコピーしたいファイルの最初をクリックする。

   「Ctrl」キーを押しながら、次のファイルをクリックする。

 ② 左(DCIMフォルダ)から画像ファイルを選択して、
   右(写真を保存するフォルダ)へドラッグする。

 ③ 選択した画像が、写真を保存するフォルダへ移動した。
   保存したフォルダは、閉じておく。

   引続き、別のファイルを保存する新規フォルダを作成して、
   同じ作業でファイルを分類していく。

   全て分類できると、元のフォルダから画像ファイルがなくなるので、
   「DCIM」フォルダは削除しよう。

◆ すべてのフォルダ表示「大アイコン」
   フォルダにおけるファイルの表示形式は、個別に設定されているので、
   開くたびに、詳細になっていたり、大アイコンになっていたりする。

   この表示形式は、全てのフォルダに適用させることができる。

   フォルダメニューの「表示」タブ⇒「オプション」⇒「フォルダーオプション」⇒
   「表示」タブ⇒「フォルダに適用」ボタンをクリックして、「OK」ボタンをクリックする。

◆ 容量ってなに!
   デジタルデータのサイズの最小は、「0」もしくは「1」の数字一桁分の
   サイズが、最小になります。
  
   このデジタルデータ1桁分の最小単位を、ビット(bit)といいます

   ※ コンピュータに扱われるデータは、量(サイズ)を表す場合に容量と呼び、
     多い少ないを容量が大きい小さいと、表現します。

   ※ バイトについて!
     データ容量の単位には、バイト(byte)を使い、
     単に、「B」、「b」と表記されます。

     そして、「1000m=1km」のように、一定の容量(1024)ごとに
     バイトも単位が変化します。
     日本語は2バイト文字といわれています。
画像形式2

◆ パソコン内のメモリーとデータ容量
 ① メインメモリ・・・ハードディスクからプログラムやデータを取り出してきて、
    プログラムを実行するためのもので、電源を切ると消えてしまいます。

 ② ハードディスク・・・プログラムやデータを記憶させておくもので、
   電源を切っても、記憶内容は保持されます。
  
   通常2つのドライブ(Cドライブ・Ⅾドライブ)に区切って
   (パーティション)使用させることが多く、”コンピュータまたはPC”
   ウィンドウで確認できます。
   また、各ドライブのメモリ容量や空き容量が確認できます。

 ③ 表示方法〕エクスプロラー⇒ハードディスクドライブ(C:)を右クリック⇒
   プロパティをクリックする。

◆ ファイルやフォルダのデータ容量を見てみよう
   同じように、ファイルやフォルダを、右クリックして、プロパティを確認する。

次に続く




画像データの基礎知識

※  画像データをパソコンに取り込もう

1.SDカードをパソコンの「SDカードスロットル」 またはカードリーダーに
  差し込む。
  タスクバーの「エクスプローラーをクリックする。
デジカメ取り込み1

2.カメラ または SDカードの中には「写真ファイル等の管理フォルダ」がある。
DCIMデスクトップへ

3.写真の表示について、用途に応じて「サイズ表示」を変更する。
キャプチャ表示アイコン
●特大アイコン (パソコンに負担が掛かるため、使用しない)
●大アイコン  (こちらで表示か)
●中アイコン  (こちらで表示させる方が良い)
●小アイコン  (画像ファイル名が表示される)
●一覧     (全ファイルを見るときに使う)
●詳細     (画像ファイルの詳細を見たいときに使用する)

※ Windows7の場合、フォルダウィンドウ上部にある「表示方法を変更します」
  ボタンと「プレビューウィンドウを表示します」ボタンから 表示サイズを
  変更します。
プロフィール

10035shokyumoku

Author:10035shokyumoku
パソコン初級科受講生皆さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR